家族の病気で病院へ行くときはまずかかりつけへ

病気はいつ起きるか分かりません。
病院が休んでるからといって病気は待ってはくれません。
病院が安もいの日などに病気になってしまった場合は、いつも行っている病院ではなく、急病センターなどほかの病院へ行くこともあります。
しかし、そういった病院は症状を診察して治療することはできますが、普段の患者さんの様子までは関与しません。
何かで定期的に病院へ通い、薬などをもらったりしている場合には、そういった情報もすべて準備して医師に告げる必要があります。
そういったときに便利なのが自分や家族ののホームドクターかかりつけ医を決めておくことです。
ホームドクター、かかりつけ医を決めておくことで、自分や家族の様子に何か変化があったときは直ぐに連絡することができます。
また、ほかの病気にかかったときも、説明しなくてもほかに何の薬を飲んでるのかなどが直ぐ分かるので説明の必要がありません。
自分や家族の体を一番良く知ってくれていますから、急に病気にかかったりしたときも急病センターなどに行く前に、かかりつけ医へ電話して見ましょう。
連絡が取れれば時間外で診察をしてくれる場合もあります。
また、たとえ連絡が付かなくても、ほかの病院で診察を受けたあとに、自分の持病などの情報を訪問した病院に提供してもらうことができます。
自分の体の様子を常に把握してくれるかかりつけ医を持つことで、家族が急に病気になってもあわてず、安心して病院へ行くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です